Googleビジネスプロフィールの土日祝日等の営業時間を更新することは、お客様の店舗への誘客にも非常に有効です。
土日や祝日・連休など、通常営業以外の営業時間が発生する場合や、単発で臨時休業する場合などには、必ず営業時間を更新するようにしましょう。

さらに、GWなどの大型連休の場合は、お知らせを投稿するのも効果的です!

土日祝日等の営業時間を更新するメリット

営業時間を最新の状態に更新しておくことで、ユーザーがGoogleマップやGoogle検索を使ってお店や企業を探したときに、営業時間が正確に表示されます。

 

Googleによると、「54%のお客様が営業時間を調べている」という結果も出ています。

https://services.google.com/fh/files/misc/gmb.pdf

 

土日祝日等の営業時間を更新しておくことで、ユーザーが、店舗や企業が営業しているかどうかの判断が付きやすくなり、来店や問い合わせが増える可能性が高くなります。
また、お客様への信用アップにもつながります。

ゴールデンウィークなど、大型連休の際には、必ず営業時間を更新しておくことをお勧めします。

 

※祝日は、明示的に設定しないと「営業時間は変わる可能性があります」とGoogleの設定で自動的に表示されてしまいます。
祝日の営業時間は、変更がなくても必ず更新するようにしましょう。

土日祝日等の営業時間の更新方法

  1. Googleのアカウントにログインし、Googleでご自分のお店や会社の名前を検索します。
  2. 「プロフィールを編集」をクリックします。
  3. 「営業時間」をクリックします。

  4. 「祝休日の営業時間」をクリックします。
  5. 「確認」をクリックします。
    (直近の祝日等は自動で出てきます。更新したい日付がない場合は、「+日付を追加」をクリックしてください。)
  6. 祝日等に営業する場合は、チェックを入れて営業時間を入力します。
    営業しない日は、チェックを外します。
  7. 日付を追加する場合は、「+日付を追加」をクリックして任意の日付と営業時間を入力してください。
  8. 最後に「保存」をクリックすると、審査待ちになります。
    (審査は最長で3日かかります。)
  9. 審査が完了すると、特別営業時間が反映されます。

 

詳しくはGoogleビジネスプロフィールのヘルプページをご覧ください。

祝休日の営業時間を設定する方法 (Googleビジネスプロフィールのヘルプページ)

 

 

当店では、Googleビジネスプロフィールのサポートなども承っております。お気軽にお問合せください!