新型コロナ感染症への対策を講じながら授業を再開する学習塾向けのお役立ち情報をまとめています。

随時更新していく予定です。

学習塾の特徴と対策

学習塾にも様々な種類がありますが、通常時は生徒と対面授業を行っているケースが多いと思います。
その際、特に注意すべきは飛沫感染と接触感染です。

1,教室での対策

  • 教室において、塾生同士及び講師との席の間隔を離す
  • こまめな換気(できれば2方向の窓を同時に開ける)

2,トイレ・休憩スペースなど共用スペースでの対策

  • タオルの共有をしない
  • 消毒液で共用部分を定期的に綺麗にする
  • ゴミの取り扱いに気をつける

3,塾生・講師共に衛生管理に気をつける

  • 衛生管理の指導方法を身につける。特に低学年教室では必須。
  • 家庭での検温と風邪症状の確認を行う
  • 講師については不要不急の外出を徹底する

全国学習塾協会の状況別の対応方針

1,国内で感染が発生した時期

  • 感染拡大防止対策の検討・実施
  • 拡大期に備え、オンライン授業、テレワーク等の検討・実施

2,増加・蔓延している時期

  • 休業の検討・実施(近隣の学校が臨時休校を行うことが目安)
  • 対面授業を最大限控え、オンライン授業を実施
  • テレワーク等により、人と人の接触機会を減らす

3,新規感染者数が限定的となった時期

  • 引き続き、感染防止対策の実施
  • オンライン授業の実施に加え、少人数授業等の対面授業の再開を検討・実施

4,再び増加している時期

  • 2の方針に戻る

今後の感染の状況に注目しながら、随時対応を行っていくことが大切です。

業界団体の対策・対応

全国学習塾協会

学習塾指導者における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン
感染の状況別の対応方針
https://jja.or.jp/info/20200514/

4段階に分かれた、学びを止めないためのガイドラインがまとめられています。

学習塾81校に聞いた新型コロナウイルスの影響

学習塾81校に聞いた、新型コロナウイルスがもたらしている影響|株式会社POPERのプレスリリース

株式会社POPERのプレスリリース(2020年4月23日 11時00分)学習塾81校に聞いた、新型コロナウイルスがもたらしている影響

オンライン授業に関するアンケートが掲載されています。
7割以上の塾が新型コロナウイルスをきっかけにオンライン授業を導入しているそうです。

日本経済新聞

緊急事態で人気のオンライン習い事、1位はヨガ 民間調査: 日本経済新聞

オンラインで語学などの習い事を提供するスモールブリッジ(東京・渋谷)が緊急事態宣言後1カ月で人気になったレッスンを調べたところ、1位は「ヨガ・ワークアウト」だっ…

オンラインで人気の習い事を民間企業が調査した結果が掲載されています。

大手学習塾の対策・対応

明光義塾

個別指導塾の感染拡大防止対応
https://www.meikogijuku.jp/news/00225.html

対話型のオンライン個別指導
https://www.meikogijuku.jp/lp/lp04147/

早稲田アカデミー

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する重要なお知らせ | お知らせ | 進学塾・学習塾なら早稲田アカデミー

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する重要なお知らせについてご覧いただけます。中学・高校・大学受験の進学塾・学習塾なら早稲アカ。

クラス授業の塾です。
録画した授業映像の配信と、Zoom を利用した 双方向Web授業を実施しています。

NOVA

グループレッスンの上限人数の変更を実施しています。

snow.glass のお役たちアイテム